スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
センドウ先生のこと
20070628232811.jpg

「すてきなえんそうありがとうございました
 また桂平小に来てください」
 
 学校公演でもらった、子どもたちからのお礼のメッセージが書かれている「勲章」。
 これを掛けてあるのがトイレだということに、とても感動しました。
 毎朝、用を足しながらこの文字を読む、そして今日もがんばろうと思う、これは初心を忘れないためには大事なことだと思うんです。

 このトイレはGONNAの音楽顧問、仙堂新太郎さんのです。仙堂先生は、大学で打楽器を学びフランスまで留学して帰国後、小鼓を習得されたというすごい先生です。
 こんな先生がこれを毎朝読んでいると思うと、面白く思えると同時に大事なことを教えられる気がします。
 「何のために音楽しているんや!」
 と先生が毎日そう自戒しているんじゃないかと思うのです。

PICT0020sen.jpg
 
 これは、全盲の太鼓奏者の片岡亮太氏に古武術の実践をしている先生です。
 「これって障害者イジメじゃないっすか」と亮太氏。そんなこと、ぜんぜん気にしないでゲンコツを突き出す先生。亮太氏は手のひらでゲンコツを受けていたが、このあと先生がヒョイと額を押すと亮太氏は見事にひっくり返りました。
 これが太鼓のレッスンのひとコマなんだから、、、、

 センドウ先生は童話にでてくるトボケた先生みたいな人です。
 言っていることの、半分くらいはわからないし、あとの半分も信じていいのかわからないのだけど、子どもや障害者への態度を見ているとこの人はホンモノだなあ、と思います。 


スポンサーサイト
neko | 【2007-06-28(Thu) 23:15:24】 | Trackback:(1) | Comments:(1)
次のページ
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
書いた人
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。