スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
宣伝活動の産物
 「we gonna」を倉敷・広島でも行うことになり、広島出身、実家は総社市という私は宣伝活動の為、ふるさとに帰ることが多くなりました。とはいっても、広島はともかく倉敷にいたっては近くに実家があるというだけで、暮らしたこともない町です。頼りは自称、GONNA倉敷実行委員長といってくれている従姉妹のみ。ど~すんの?

 以前、倉敷チボリ公園での演奏をしたとき、「岡山に先輩がひとりいるんです。」とは、今は大学生に戻ってしまった元マネージャー:聡美。で、偶然にもその先輩のお友達だ、という方がご家族でチボリでの公演を観に来てくださった。この方が実は、先の日誌にも登場している「備中温羅太鼓」のメンバー。



 更に、親戚より「潤ちゃんのチームの話したら、よく知っておられたよ。」と。お店の取引先の娘さんが演奏会のご案内をもっていらしたらしい。「それは、GONNAですよね。潤子さんですか、よく知っています。」とのこと。???はて、私は知らんけど…。
 その親戚は結構有名なお味噌やさんで、以前から私たちの公演にはいつも起こしいただいているのです。今回ももちろんご案内に訪れると、私のことをよく知っておられるという彼女のコンサートのチラシを見せてくださいました。連絡先をひかえさせてもらい、次は例のコンサート「吉備の国から…一期一会」への挟み込みに向かいました。と、そこで先ほどみせてもらったチラシを持った人が!これが今岡山県でご活躍のIさんとの出逢い。ご挨拶をして話してみるとなんと聡美の先輩だというではありませんか!ん~日本って狭いですね。彼女は総社市出身で、少し前まで京都で音楽の勉強をしていたのだ。(なので、GONNAプロデューサーの根古氏や最近仲良くしている利一くんとかもよく知っているのだ。)総社市に戻って演奏活動をするようになっていろんな人に助けてもらっているから、私もなにか力になりたいと、それ以来色々とお世話になっている。先日も、倉敷営業の合間に呼び出して(私、強引なの)お会いしてきたところ。
 色々なつながりで、一気に私の交友関係が広がった!!ふるさとに帰ったときに、会える友達がいるって、幸せだ~。と、勝手に友達と思っている私なのだった、えへっ。
スポンサーサイト
小林潤子 | 【2006-02-21(Tue) 14:15:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
書いた人
リンク
ブログ内検索